検査内容・処置治療のご案内

超音波検査

超音波検査が必要な症状・病気

生理に関する症状(生理不順・生理痛・経血が多い)、不正性器出血、下腹部痛、妊娠(初期~後期)、乳がん検診など。

胎児スクリーニング(胎児ドッグ)

妊婦さんを対象にご希望で行う検査です。妊娠21週未満で胎児の構造チェックを行います。脳神経・口唇裂・心臓・肺・胃腸・腎臓・膀胱・外性器・四肢・胎盤・へその緒などを確認します。

時間にして通常の超音波検査プラス15分程度ですが、赤ちゃんの姿勢により観察しにくい部位もあり、時間が延びたり後日に再チェックとなる場合もあります。また可能な限り検査技術向上に努め慎重に診察しますが、100%の精度ではないことをご了承ください。

4D超音波検査

妊婦さんを対象にご希望で行う検査です.妊娠16週~32週が比較的観察しやすい時期とされますが、赤ちゃんの姿勢によって見やすさにバラつきがあります。追加料金はありません。

ちなみに4Dとは縦軸・横軸・奥行・時間をあらわします(つまり3Dは立体の静止画、4Dは立体の動画です)

前のページに戻る

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.