HOME > 診療科のご案内 > 検査内容・処置治療のご案内 > 繰り返す流産(不育症)の検査・治療

検査内容・処置治療のご案内

繰り返す流産(不育症)の検査・治療

妊娠年齢が上昇で流産率も上昇しやすいといわれています。
しかし初めて流産する確率と1度流産後の次回流産率はさほど差がないので、過剰な心配は不要です。

2回連続の流産(反復流産)は全妊娠の3%、3回以上連続(習慣流産)は0.5%とされますので
原因検索で検査をおすすめしております。

血液検査で免疫機能や血液凝固能を中心に調べます。
反復する流産の原因検索を目的として、流産組織の染色体検査を行う場合があります。

結果によっては夫婦の染色体検査も行われる必要がありますが、
一方の配偶者がそれによる不利益を得ないよう遺伝カウンセリングによる充分な説明のうえ
理解・同意を得る必要があります。

血液凝固能の改善を期して次回妊娠時にアスピリン投与が有効な場合もあります。

前のページに戻る

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.