検査内容・処置治療のご案内

無痛(和痛)分娩

和痛分娩(無痛分娩)とは

麻酔薬を用いてお産(分娩)時の痛みを軽減する方法を「和痛分娩(無痛分娩)」といいます。
お産に対する不安・心配をやわらげて産後の体調回復も早く育児へスムーズに移行しやすくなる効果が期待できます。
麻酔薬は背骨のあいだに細いチューブを挿入し投与します(硬膜外麻酔法)。

対象者

初産(初めてのお産)・経産婦を問わず以下を除く方が対象となります。

  • ①妊娠37週未満の早産
  • ②血液凝固能異常
  • ③ヘルニアなどの脊椎疾患
  • ④体重過多(BMI※28以上) 
  • ⑤院長が実施困難と判断した場合

BMI※ Body Mass Index, (体重kg)÷(身長m)2

予約方法

  • 胎児心拍を確認された以降から分娩予定日が診断された日までの間で、当院受診時に、または診療時間(別記)内にお電話でご予約ください。
  • 他院(帰省・転居など市外県外含む)にて診断されてから予約される場合、上記を過ぎる際は出来るだけ早急にご連絡ください。
  • なお安全管理上、月間の分娩数に制限があり規定数に達した時点で、予約を締め切らせていただきますことをご了承ください。

妊娠中にご準備いただくこと

「まったく痛くないお産」のイメージでは、和痛分娩(無痛分娩)は成功しません。
麻酔薬の量が増えるほど、お産の進行が妨げられて難産となる可能性は高くなります。
したがって妊娠期間中にどのように過ごし、どこまで準備をすすめることが出来るかがお産の時重要な決め手となります。

一番大切なのは、どうしたら妊娠期間中のあいだ少しでも胎児に良い環境を与えられるかを常に考えること。新しい命を大切に思い、たっぷり愛情を注いで、胎児にとってプラスになることは何か、と考えて行動しましょう。

このようにして積極的に愛情を膨らませて、内なる母性を育み、愛おしい我が子を迎えるため、お産を乗り越える気持ちを準備しましょう。
具体的な準備の方法は和痛分娩セミナーや保健指導などでご説明します。

臨月になったら

妊娠37週以降は毎回内診で分娩準備の進行具合を評価します。
大体の目安として初産婦で39~40週、経産婦で38~39週頃の計画入院となります。おおよそ入院日の2~3日前の診察で日程が確定します。
それまでは30分程度の軽い運動を毎日行いましょう。

夜間または休日に分娩となる場合は、安全管理上、和痛分娩は実施が出来ませんので陣痛発作や破水感などがあれば、まずは早めにクリニックへ連絡しましょう。

実施手順

  • 和痛実施の前日午後に入院、翌朝9時より和痛分娩が始まります。
  • お昼前に陣痛が強めの生理痛くらいになり、麻酔薬が開始されます。
  • 痛みの程度や麻酔の効き具合をスタッフと確認し合いながら安全に進めて行きます。
  • 最後は赤ちゃんが産道を通過する様子を実感しつつ、笑顔で感動のご対面となります。
  • お産の進行状況によっては夕方一旦終了し、しっかり休息して翌朝再チャレンジとなる場合もあります。

さいごに

和痛分娩(無痛分娩)の成功は、妊娠期間中を通して育んだ心と体のしっかりした準備と赤ちゃんに注いだたっぷりの愛情と、当日の看護スタッフとの意思疎通にかかってると言っても過言ではありません。

セイントマザークリニックでは、スタッフ一同、全力でサポートいたしますので、ご一緒に思い出深いお産を目指しがんばりましょう!


和痛分娩セミナー 詳細情報
対象 当院での分娩ご予約された方となります
日時 第2・4土曜日午後2時~30分程度
場所 セイントマザークリニック待合ホール

※セミナーご希望の方はスタッフまたはお電話(022-263-8001)でお問合せください
(受付時間:午前9時~午後5時)。

前のページに戻る

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.