検査内容・処置治療のご案内

流産の診断・治療

一般の流産率は15%といわれています。
特に妊娠初期(12週まで)は流産とされますので安静が必要です。
腹痛・出血などの症状があればすぐに産婦人科へご連絡ください。

子宮収縮抑制薬や止血剤などで対処する場合もありますがご自宅で安静にされる方が
治療効果は高いと判断されるときも少なくありません。

前のページに戻る

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.