予防医学とヘルスケア

トコちゃんベルト

トコちゃんベルトとは、全国の助産師380件以上の医療機関で骨盤ケアのために推奨されている元祖骨盤ベルトです。産前産後の骨盤の関節のゆるみを支えたり、骨盤のゆがみを整える、妊婦さんのために考案された骨盤ケア用品です。

妊娠中~お産にかけて、女性の体は産道を広げるために、妊娠4週頃から胎盤の元となる組織から、大量の妊娠性のホルモン(リラキシン)が分泌されます。そのホルモンの作用で、骨盤をつないでいる靭帯がゆるみます。骨盤と赤ちゃんの大きさがほぼ同じであっても、こうして分娩までに靭帯が少しずつゆるむ事で骨盤が広がり、赤ちゃんは安心して産まれてくる事が出来るのです。

ところが、現代の女性は妊娠前から骨盤がゆるみ過ぎている傾向にあります。妊娠とホルモンの影響でさらに骨盤がゆるみ、さらに赤ちゃんを支える負担がかかるため、全く腰痛知らずだった人でも、突然立ち上がれないほどの腰痛に襲われることがあります。

昔の移動手段と言えば、自分の足で歩く事が中心でしたので足腰が丈夫な方がたくさんいらっしゃいました。しかし、現代は車社会と呼ばれるほど車が当たり前の交通手段となり、歩く事が激減しました。そのため、間接をつないでいる靭帯や、足腰・骨盤周辺の筋肉が驚くほど弱くなり、ますます骨盤がゆるみやすくなっているのです。

骨盤がゆるむと、骨盤はしっかり背骨を支えられなくなり、猫背になったり、胃腸が骨盤の中に垂れ下がったり、腸に押されて子宮が圧迫されたり、硬くなったりする早産の兆候や尿漏れ、痔、脱肛などが起こりやすくなります。

骨盤は体を支える土台です。必要以上に骨盤をゆるませすぎない様、骨盤ケアをする事が大切になります。骨盤のゆるみを予防するために有効なのが、「骨盤ベルト」の着用です。各会社から骨盤ベルトが販売されておりますが、
「トコちゃんベルト」の商品名で販売されている骨盤ベルトが、「腰痛」「尿漏れ」「子宮下垂」「子宮脱」「股や付け根、お尻などの痛み」「早産予防」に効果があると実証されています。

また、むくみ・高血圧・蛋白尿という妊娠中毒症などのトラブルも、トコちゃんベルトを装着することにより解消されるのです。

症状や装着の時期などによってご使用いただく方法が異なりますので、「トコちゃんベルト」をお使いになる際には、骨盤ケアの専門家(助産師・看護師)にお問い合わせください。

※トコちゃんベルト販売および取扱いは当院受診中の方とさせて頂きます。

前のページに戻る

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.