HOME > 診療科のご案内 > 婦人科 > 子宮内膜症

婦人科

子宮内膜症

子宮内膜とは子宮の内側を覆う膜で、「月経周期にあわせて厚くなり受精卵をキャッチする役割がありますが妊娠が成立しなければ剥がれて出血と一緒に外に出てまた次の月経周期で厚くなる」ことを繰り返しています。

月経の出血は大部分が腟をとおして外に出ますが一部は卵管を逆流しておなかの中にも流れ込みます。通常は数日たつと吸収されて残りません。

しかし何かの理由で(原因はまだはっきりしていません)、吸収されて消えるはずの子宮内膜組織がおなかの中で生き残り増殖することで、月経痛を重くさせたり下痢などの様々な症状を引き起こすことを、子宮内膜症といいます。

女性のライフスタイルが変化して、昔と比べて結婚・妊娠年齢が上昇し妊娠回数も減少しているので、妊娠や授乳で途絶えていた月経の機会が多くなったことが子宮内膜症を発症する頻度が増えた原因とされています。内診・超音波検査と血液検査(CA125)などで診断します。

卵巣チョコレートのう腫

卵巣に出来た子宮内膜症が月経のたびに出血となって溜まり袋状に腫れる状態を、卵巣チョコレートのう腫といいます。

腫れが大きくなると排卵しにくくなったり、破裂して強い腹痛が生じたりするほか、長期間放置するとガンに変化する場合もありますので慎重な経過管理が必要です。

子宮腺筋症

子宮内膜症が子宮の筋肉の中にもぐりこみ増殖して子宮が腫れる状態を子宮腺筋症といいます。20代後半から強くなる月経痛・腰痛・出血量の増加などの症状が特徴です。

骨盤子宮内膜症

卵管を経由しておなかの中に流出した月経血にまぎれた子宮内膜が、腸や膀胱など骨盤の内側の壁に定着して少しずつ増殖し徐々に月経痛・腰痛・性交時痛・不妊症などの症状がひどくなる病気です。

重症化すると治療が大変なので気になる症状があれば早めの対処が必要です。

前のページに戻る

copyright©Saint Mothers Clinic all rights reserved.